アイドリッシュセブン

アイナナアニメ2期1話のあらすじ感想ネタバレ!リヴァーレ初登場の神回に!

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン
Pocket

さて、いよいよアイドリッシュセブンのアニメ2期の地上波での放送がスタートします!

アイナナファンが待っていたアニメ2期には、アイドリッシュセブンのメンバーの成長した姿はもちろん、待ちに待ったリヴァーレの登場シーンも多く、大満足できる内容になっていること間違いなしです!

今回は、すでに公開されているアイナナアニメ2期1話のあらすじや感想ネタバレをまとめてみました!

まだチェックできていないという方やもう一度復習しておきたいという方は、この記事を読めばさらに2話以降の放送が楽しめますよ!

 

アイナナアニメ2期1話のあらすじ感想ネタバレ!

冒頭

「どうか新しいアイドリッシュセブンのかたちが、みんなに受け入れられますように…」

という小鳥遊 紡マネージャーの声から始まるアイナナアニメ2期の1話。

コンサート会場にIDOLiSH7のセンター交代のアナウンスが聞こえます。

このシーンは、のちにもう一度やってくるでしょう。

もうここから、波乱の幕開けという感じがしますよね。
また感情のジェットコースターに乗る覚悟をしなければ!!(笑)

 

念願のレギュラー冠番組が決定!

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

TRIGGER(トリガー)と競い合った「ブラック・オア・ホワイト」での勝利により、新たな一歩を踏み出したIDOLiSH7。

そんな彼らのもとに、小鳥遊マネージャーから、『念願のレギュラー冠番組の決定』と知らされます!

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン
出典:https://natalie.mu/comic/gallery/news/362209/1309332

番組名は君と愛なNight!』(キミトアイナナイト)。

喜ぶメンバー。

三月は思わずトイレの中で一人号泣…(笑)

そして後日、番宣のため、ブラックオアホワイトで総合優勝をしたRe:valeの番組にも呼ばれることに。

 

TV出演により環の人気が爆発

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン
出典:https://natalie.mu/comic/gallery/news/362209/1309332

バラエティ出演が増えてから、どんどん四葉環の人気が上がっていく。

一織と小鳥遊マネージャーは、環の人気の理由を「退屈な場面では素直に退屈そうにし、自分の感情に正直でいる、常に視聴者に近いから」と分析。

 

大先輩Re:valeと初対面

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

陸たちは挨拶をしようと、ビビり気味でトップアイドルRe:valeの楽屋に訪れます…。

すると、明らかに機嫌が悪そうなRe:valeの百(もも)と千(ゆき)…

しかし、これはフェイクで、直後に百がブラホワでのIDOLiSH7のパフォーマンスを大絶賛!

メンバーは肩透かしを食らいます。

 

Re:valeの番組リハーサル

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

歌のリハーサルでは陸の調子が悪く、Re:valeの二人は休憩を提案。

環はどこかつまらなそうな顔をしており、ディレクターから「笑うのもサービスのうちだよ」と指摘されます。

別室シーンで、百は番組内の1つのコーナーのMCを三月に任せる。

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

「でも、失敗したら…」と心配する三月に対し、「失敗した時は、笑っちゃえ!泣いても怒ってもどうにもなんないなら、笑ってた方がいいじゃん!だって俺たち、キュートなアイドルだから!」と明るく励まします!

 

千の言葉で環の心に変化が

スタジオの隅で台本を読む環の前に、「笑わないねぇ、この子」という言葉と共に千が現れる。

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

千から環に、

「いいと思うよ、僕も笑わなかった。その代わり、つまんない時には君が面白くするんだ」

「僕たちが楽しんでこそ、カメラの向こうに楽しさが伝わるんだ」

「周りに礼儀を欠くことと受け身のお客さんでいることは違うさ。お行儀いい子が欲しいなら、君は呼んでない。ドキドキさせて、ワクワクさせる、誰よりかっこいい四葉環が見たいんだよ」

という言葉を贈ります。

その後、メンバー同士で話しているとき、環は番組収録を「楽しかった」と振り返ります。

 

Re:vale「SILVER SKY」の披露

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

IDOLiSH7メンバーが見つめる目の前で、「SILVER SKY」を披露。

相変わらずアニメーションは抜群です!
制作の皆さまには今期も期待してよいです!!

 

ゼロアリーナのこけらおとしを目指す

Re:valeの二人はIDOLiSH7メンバーに対し、ゼロアリーナのこけら落とし公演について話す。

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン
出典:https://natalie.mu/comic/gallery/news/362209/1309332

こけら落としは3日間行われ、初日はTRIGGER、3日目はRe:valeが務めること、IDOLiSH7に2日目の公演を目指すようにすすめます。

決定権はゼロアリーナの総支配人とのこと。

「チャンスをつかんで、ここまで登っておいで!」

という千の言葉でエンディングへ。

もう、期待感しか高まりません。

この先も数々の試練が訪れることは百も承知ですが、毎週応援していきたいと思います!

そして、アイナナのアニメ1期をまだ見ていないという方は、今からでも遅くないので是非1期アニメをチェックしてみてください。

簡単に1期を振り返ることが出来る方法をこちらの記事にまとめてありますので、参考にしてみてくださいね!

アイナナ アイドリッシュセブン アニメ 無料 動画
アイナナアニメ全話無料動画フルを見る方法は?見逃し配信はdailymotionやpandoraで見られない?今回は「アイナナアニメ全話無料動画フルを見る方法は?見逃し配信はdailymotionやpandoraで見られない?」この疑問にお答えし...

 

アイナナアニメ2期1話のあらすじ感想ネタバレのみんなの感想まとめ

Re:valeが動いている。

この事実に感動するツイートにあふれていてます(笑)

ファンにとっては待望の瞬間ですよね。

ほぼすべてが内容を評価する内容でした!

さすが敏腕アイナナ制作陣!!

 

アイナナアニメ2期1話の名シーンと名言

三月「俺をアイドルにしてくれたみんなに恩返しがしたい」

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

レギュラー冠番組の決定を誰よりも喜んだ三月。

「やっとみんなの役に立てるんだ。歌も上手くないしダンスも下手だし、チビだし、演技の才能もないけど…
ここまでやって来られたのは、ここにいるメンバーのおかげだよ。やっと、やっと、俺をアイドルにしてくれたお前らに恩返しができるチャンスなんだ気合入らずにはいられねえよ!」

と、メンバーへの感謝とこれからのやる気に満ち溢れる言葉を言ってくれます。

アイナナに限らず、アイドルグループにはこんな気持ちのメンバーが必ずいると思います。

私は思わず元SMAPの中居くんの顔が思い浮かびました(笑)

 

千「つまんない時には君が面白くするんだ」

アイナナ アニナナ アニメ 2期 1話 あらすじ ネタバレ 感想 アイドリッシュセブン

千が環へ贈った言葉も、刺さりました。

「つまんない時にも笑ってると、誰も面白いもん作らなくなるからね。その代わり、つまんない時には君が面白くするんだ

「君自身で、君を楽しませろ。ここは僕らの庭だ。何したっていい。僕たちが楽しんでこそ、カメラの向こうに楽しさが伝わるんだ」

周りに礼儀を欠くことと受け身のお客さんでいることは違うさ。お行儀いい子が欲しいなら、君は呼んでない。ドキドキさせて、ワクワクさせる、誰よりかっこいい四葉環が見たいんだよ。僕たちを、テレビの向こうで見ている妹を、楽しませてごらん」

このセリフ、スゴイですよね。

アイドルとしての責任感を環が受け入れやすい言葉で深く差しています。

先輩としての器の大きさもガツンと感じるこの言葉が、1話で一番グッときました。

自分で思い出しても力に変えられそうです。ありがとう、千!!

 

アイナナアニメ2期1話のあらすじ感想ネタバレ!リヴァーレ初登場の神回に!まとめ

今回は「アイナナアニメ2期1話のあらすじ感想ネタバレ!リヴァーレ初登場の神回に!」と題して、ファンの方や初心者の方向けに記事を書いてみました。

やはりアイナナのアニメはリアルで深くて、気づけば感情移入してしまっています。

リヴァーレ人気もすさまじく、アイナナアニメ2期に対するツイッターは彼らへのコメントで溢れると予想しています。

1期よりもさらに深く心をえぐってくるであろう2期、これからも感想をまとめていきたいと思います!

今回もお読みくださり、ありがとうございました!